ことわざ対義語~反転ことわざ

ことわざ対義語

青菜に塩蛙の面に水
羹に懲りて膾を吹く喉元を過ぎれば熱さを忘れる
後は野となれ山となれ立つ鳥跡を濁さず
あばたもえくぼ坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
石橋を叩いて渡る危ない橋を渡る
一石二鳥二兎追うものは一兎をも得ず
犬は三日の恩を三年忘れず猫は三年の恩を三日で忘れる
嘘つきは泥棒の始まり嘘も方便
氏より育ち血は水よりも濃し
ウドの大木山椒は小粒でもぴりりと辛い
男心と秋の空女心と秋の空
女は愛嬌男は度胸
蛙の子は蛙鳶が鷹を生む
果報は寝て待て蒔かぬ種は生えぬ
苦あれば楽あり楽あれば苦あり
君子危うきに近寄らず虎穴に入らずんば虎子を得ず
先んずれば人を制す急いては事を仕損ずる
三人寄れば文殊の知恵船頭多くして船山に上る
大は小を兼ねる畳針で着物は縫えぬ
女房と畳は新しい方がよい女房と味噌は古いほどよい
歯に衣着せぬ奥歯に物が挟まったよう
柳の下に何時も泥鰌は居らぬ二度ある事は三度ある。
夢は正夢夢は逆夢
渡る世間に鬼は無し人を見たら泥棒と思え