植物のことわざ一覧表

雨後の筍うごのたけのこ
やはり野に置け蓮華草やはりのにおけれんげそう
一樹の陰一河の流れも他生の縁いちじゅのかげいちがのながれもたしょうのえん
雨を冒して韮を剪るあめをおかしてにらをきる
瓜の蔓に茄子はならぬうりのつるになすびはならぬ
花一時人一盛りはないっときひとひとさかり
言わぬが花いわぬがはな
桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿さくらきるばかうめきらぬばか
蒔かぬ種は生えぬまかぬたねははえぬ
取らぬ狸の皮算用とらぬたぬきのかわざんよう
秋茄子嫁に食わすなあきなすびよめにくわすな
十日の菊 六日の菖蒲とおかのきく むいかのあやめ
世の中は三日見ぬ間の桜かなよのなかはみっかみぬまのさくらかな
青柿が熟柿弔うあおがきがじゅくしとむらう
泥中の蓮でいちゅうのはす
徒花に実は生らぬあだばなにみはならぬ
桃栗三年柿八年ももくりさんねんかきはちねん
梅に鶯うめにうぐいす
麻に連るる蓬あさにつるるよもぎ
明日ありと思う心の仇桜あすありとおもうこころのあだざくら
柳は緑花は紅やなぎはみどりはなはくれない
槿花一日の栄きんかいちじつのえい
蓼食う虫も好き好きたでくうむしもすきずき
薊の花も一盛りあざみのはなもひとさかり