動物の故事成語

窮鳥懐に入れば猟師も殺さず
越鳥南枝に巣くう
飛鳥尽きて良弓蔵る
鳩に三枝の礼あり
雀の千声鶴の一声

烏(からす)

烏に反哺の孝あり
烏合の衆
烏の頭白く、馬角を生ず
烏の頭白くなる
烏の行水

風馬牛
駑馬に鞭打つ
じゃじゃ馬馴らし
馬耳東風
意馬心猿

一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う
犬と猿
犬の遠吠え
犬も歩けば棒に当たる
犬馬の心

角を矯めて牛を殺す
牛は牛連れ
牛を馬に乗り換える
牛耳を執る
九牛の一毛

鶏群の一鶴
鶏口となるも牛後となる勿れ
鶏口牛後
鶏鳴狗盗
牝鶏晨す

苛政は虎よりも猛し
虎の威を借る狐
虎穴に入らずんば虎子を得ず
虎視眈眈
張子の虎

鬼が出るか蛇が出るか
蛇の道は蛇
蛇足
藪をつついて蛇を出す
杯中の蛇影

魚を得て筌を忘る
魚心あれば水心
水魚の交わり
水清ければ魚棲まず
逃がした魚は大きい

鶏群の一鶴
掃き溜めに鶴
風声鶴唳
鶴の一声
鶴は千年亀は万年

鹿

鹿を逐う
馬を鹿
鹿を指して馬となす
鹿を逐う者は山を見ず
中原に鹿を逐う

窮鼠猫を噛む
猫に小判
猫の手も借りたい
猫を被る

亢竜悔いあり
画竜点睛を欠く
竜に翼を得たる如し
竜の雲を得る如し
竜の鬚を撫で乕の尾を踏む

亀の年を鶴が羨む
亀の甲より年の劫
亀鳴く
亀は万年
浮き木の亀

汨羅の鬼
鬼が出るか蛇が出るか
疑心暗鬼を生ず
鬼哭
断じて行えば鬼神も之を避く

猿猴月を取る
猿猴が月
猿猴捉月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする