食べ物の慣用句

食物の慣用句

☆飯
朝飯前
他人の飯を食う
無駄飯を食う
飯の種
臭い飯を食う

☆油
油が切れる
脂が乗る
油を売る
油を絞る
油を注ぐ

☆茶
お茶の子さいさい
茶茶を入れる
茶腹も一時
番茶も出花
臍で茶を沸かす

☆餅
絵にかいた餅
画餅に帰す
餅は餅屋
焼き餅を焼く
餅を搗く

☆味噌
味噌をつける
手前味噌
糠味噌が腐る
味噌も糞も一緒
味噌を上げる

☆肉
肉が落ちる
肉を切らせて骨を切る
肉を切らせて骨を断つ
肉を付ける

☆酒
酒に呑まれる
酒に別腸あり
酒の燗は人肌
酒の酔い本性忘れず
酒は憂いの玉箒

☆食物
粕を食う
火中の栗を拾う
コロンブスの卵
刺身のつま
棚から牡丹餅

☆塩
塩が浸む
塩をする
塩を踏む
青菜に塩
塩辛を食おうとして水を飲 む

☆酢・酸
酢が過ぎる
酢でさいて飲む
酢でも蒟蒻でも
酢につけ粉につけ
酢にも味噌にも

☆穀物
胡麻を擂る
麦を踏む
藁にも縋る
黄粱一炊の夢
穎を脱す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする