幸運のことわざ・故事一覧表

開いた口へ牡丹餅あいたくちへぼたもち
一富士二鷹三茄子いちふじにたかさんなすび
一陽来復いちようらいふく
いつも柳の下に泥鰌は居らぬいつもやなぎのしたにどじょうはおらぬ
犬も歩けば棒に当たるいぬもあるけばぼうにあたる
陰徳あれば必ず陽報ありいんとくあればかならずようほうあり
有卦に入るうけにいる
埋もれ木に花が咲くうもれぎにはながさく
思い立ったが吉日おもいたったがきちじつ
親の光は七光おやのひかりはななひかり
禍福は糾える縄の如しかふくはあざなえるなわのごとし
果報は寝て待てかほうはねてまて
鴨が葱を背負ってくるかもがねぎをしょってくる
奇貨居くべしきかおくべし
九死に一生を得るきゅうしにいっしょうをえる
好機逸すべからずこうきいっすべからず
三度目の正直さんどめのしょうじき
地獄で仏に会ったようじごくでほとけにあったよう
捨てる神あれば拾う神ありすてるかみあればひろうかみあり
千載一遇せんざいいちぐう
大吉は凶に還るだいきちはきょうにかえる
棚から牡丹餅たなからぼたもち
鶴は千年、亀は万年つるはせんねん、かめはまんねん
情けは人の為ならずなさけはひとのためならず
残り物には福があるのこりものにはふくがある
待てば海路の日和ありまてばかいろのひよりあり
盲亀の浮木もうきのふぼく
勿怪の幸いもっけのさいわい
柳の下にいつも泥鰌はいないやなぎのしたにいつもどじょうはいない
柳の下の泥鰌やなぎのしたのどじょう
夢は逆夢ゆめはさかゆめ
禍を転じて福と為すわざわいをてんじてふくとなす
渡りに船わたりにふね
笑う門には福来たるわらうかどにはふくきたる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする